2010年02月25日

児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」−神奈川県警(時事通信)

 女子高生らに現金を渡してみだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは22日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で医療法人社団柏綾会綾瀬厚生病院の外科医長森光生(51)=横浜市港南区丸山台=、美術セット製作会社社長五十嵐順(48)=川崎市多摩区菅馬場=両容疑者を逮捕した。同課によると、森容疑者は「性欲を満たすため1年半ぐらい前からやっていた」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑では、森容疑者は昨年2〜4月、神奈川県大和市のホテルなどで、当時高校1年だった川崎市の無職女性(17)ら2人に現金各1万5000〜2万円を渡し、2度にわたりみだらな行為をした疑い。五十嵐容疑者は同じ女性2人と別の無職女性(16)に現金各2万〜3万円を渡し、2度みだらな行為をした疑い。 

27都府県、単独事業増加…国の補助事業削減で(読売新聞)
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」−大阪地裁(時事通信)
法相、検察訓示で足利事件に言及 「真摯に受け止めて」(産経新聞)
<住宅全焼>2人死亡…父と26歳長女か 埼玉・越谷(毎日新聞)
敦賀原発1号機、40年超え運転へ=福井県知事、地元市長が容認(時事通信)
posted by サガラ ヤスハル at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

政府、金賢姫元工作員の来日に向け韓国と協議(産経新聞)

 拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=と北朝鮮で会ったことがあるという金賢姫元北朝鮮工作員について、政府が日本に招く方向で韓国側と交渉の手続きに入ったことが17日、分かった。

 拉致問題を担当する中井洽国家公安委員長が同日朝、政府の拉致問題関係政策会議で明らかにした。

 会議の出席者によると、中井委員長は席上、金元工作員が昨年5月、面会した日本政府関係者に対し、「横田さんと北朝鮮で会ったことがある」と証言していたと述べた。

 中井委員長はそのうえで、「めぐみさんのご両親が、金元工作員との面会に強い希望をもっておられる」と話し、金元工作員の来日に向け、韓国側と交渉の手続きに入ったことを明らかにした。

【関連記事】
「待つつらさ、忍苦の河の流れのようだったと思います」 金元工作員の手紙
「拉致家族に慰労と勇気を」 金賢姫元工作員が新年に手紙
工作機関改編のたびに…拉致被害者は姿を消した
金賢姫元工作員の手紙など公開 「またお会いしたい」
「北制裁の手ゆるめない」 鳩山首相、拉致被害者家族と面会

「デジアナ変換」導入を要請=CATV各社に−総務省(時事通信)
<薬事法違反>バイアグラ広告送付容疑で逮捕 新潟県警(毎日新聞)
日本最高6.45mのひな壇飾り 埼玉・鴻巣(産経新聞)
業界つなぎ留めろ…自民、各種団体と懇談(読売新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
posted by サガラ ヤスハル at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)

 岡田克也外相は19日の記者会見で、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を行った環境保護を標榜(ひょうぼう)する団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船、ボブ・バーカー号について、旗国であるトーゴ政府が船籍を剥奪(はくだつ)したことを明らかにした。日本政府がトーゴ政府にしかるべき措置を取るよう要請していたもので、これにより旗国の同意手続きなしに同船を公海上で臨検することが可能となる。

 岡田氏は、SSの母船、スティーブ・アーウィン号についても船籍剥奪に向け、船籍国のオランダ政府が法改正を進めていると説明した。

 また、岡田氏は在京ニュージーランド大使館の領事が18日夜に外務省を訪れ、日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入し、同船に拘束されたSSメンバーと電話で話したことを明らかにした。メンバーは個室を与えられ、健康状態も良好で、同船に乗ったまま日本に移送されることを望んでいるという。

利用客の本人確認義務化=ネットカフェ条例案提出へ−全国初、罰則も規定・警視庁(時事通信)
日本製品への信頼に響く=岡田外相(時事通信)
<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定−政府(時事通信)
首相動静(2月13日)(時事通信)
posted by サガラ ヤスハル at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。