2010年03月29日

逮捕のシー・シェパード元船長を拘置延長 東京地裁(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」メンバーによる調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」への不法侵入事件で、東京地裁は23日、艦船侵入容疑で逮捕されたSSの抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)の拘置延長を決定した。期間は24日から4月2日までの10日間。

 ベスーン容疑者は、日本時間の2月15日、水上バイクで第2昭南丸に接近、防護用のネットをナイフで切って無断で侵入した容疑で、今月12日、東京海上保安部に逮捕された。

【関連記事】
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査
Sシェパード元船長、ブーツにナイフ隠し持つ
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述
「日本の法的プロセスに介入できない」NZ首相 シー・シェパード逮捕
逮捕のSS、1時間前に侵入 撮影準備を待つ?
20年後、日本はありますか?

内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明−米チーム(時事通信)
余ったワクチンは国が買い取って 自民議連が要望(産経新聞)
山口淳氏による著書「ヘミングウェイの流儀」が発売されました。
兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)
posted by サガラ ヤスハル at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。